パパ頭の日々のつぶやき

妻子との何気ない日常を漫画にしてます!

育児と自由

学生時代に読んだ本の一節を時々思いだす。
そこにはこう書いてあった。
「英語には自由を意味する言葉が2つある
1つはfreedom、もう1つはliberty
前者には自分勝手、後者には自律のニュアンスがある」
どちらにも「自」の字が入るが、本質的な違いはなんだろう。

小学校の道徳の授業、ある日先生はこんな質問をした。
「生まれ変わったら異性になりたい人!」
男女ともに誰も手を挙げなかった、ただ1人私を除いて。
友人は聞いた。
「なんで女になんかなりたいんだ?」
私は答えた。
「好きな人と一緒に暮らすのが夢なんだ、そしたら子どもが欲しいと思ってね」
「それは女じゃなくても叶えられるじゃないか」
「でも出産はすごい痛いらしいじゃないか」
「それなら尚更男の方がいいだろう」
友人は当たり前のことのように答えた。
しかし私には発言の意味がわからず、そのまま黙ってしまった。
しばらく考えて、帰り道を歩いていた時、ようやっと理解した。
“どうせ子どもが得られるなら、痛い思いは相手にしてもらった方がいいってことか!”
いささか身勝手ではあるが、ある意味自然な考え方である。
しかしそれは私にとって、何か収まりの悪い考え方であるように思えた。
私は決して、他者の痛みをよしとせず、出来る事なら自分がそれを負いたい!と思うような利他的な人間ではない。
むしろどちらかと言えば利己的な人間である。
しかしだからこそ、出産の痛みは自分が負いたいと思った。
何故ならば、子を望んでいるのは他でもない自分だからである。
自分の希望を、他人の痛みで叶える、例え相手がそれを望んだとしても、リスクは公平ではない。
男性は子を望んだ時点で、自分ではない誰かに命をかけさせる生き物なのだ、という事実が、どうも収まりの悪さに関係しているようであった。
小学生当時、うまく言語化はできなかったが、私にはそれがひどく自分勝手な行為に思えた。
自分の夢は、自分の痛みでもって、叶えたかった。
しかし肝心の出産が女性にしかできない以上、どうにもこの自分勝手は回避できないように思えた。
男性は、命の誕生に対して、どうやっても自律的にはなりえないのかもしれない。
私は…生まれ変わったら異性に産まれたいと思った。

しかし大人になって改めて振り返ってみると、小学生当時の私の考え方は未熟であったと感じる。
私は自分勝手になるか否かを、出産という行為、あるいは能力の有無に見出していたが、これはあまりに極端な見方であった。
出産に限らず、およそあらゆる行為に伴う責任は、独立して存在しない。
自分で判断し選択したと思っても、その選択の背後には様々な要因が関係しているし、その選択の先にも様々な影響が発生する。
これはごく自然なことだ。
仮に私が女性で、自分の判断と痛みで出産したとしても、「この責任は私にのみある」とは言えないし、言うべきではない。
逆に私は男性だが、パートナーが子を産んだとして、私は責任を負わないわけではないし、言い方を変えるなら負えないわけでもない。
むしろ逃れようもなく負っているし、積極的に果たすべきだ。
痛みは公平ではないが、痛みと責任はイコールではない。
自分勝手になるか否かは、行為や能力に依存するのでなく、行為や能力に対する姿勢に依存する。
出産はできずとも、関わり方次第で、責任を果たすこと、即ち自律的であることは可能だ。
小学生当時私が感じていた、男性に対する無力感は、まったく的外れなものであった。

今、私は父になった。
「子供ができると自由が減る」という言葉を耳にすることがある。
その気持ちは痛いほどわかる。
確かに好きに使える時間やお金は少なくなったかもしれない。
ただ自由という概念に対して、より慎重に考えて表現するならば、私はむしろ以前より自由になったとすら感じる。
自分自身が負う責任が増え、それに対して果たせることが増えた。
もし私が、妻子を無視して、自らの快楽のためだけに時間や金、エネルギーを注ぐことがあれば、なんと滑稽で、まぬけで、何より不自由であることか。
自律的であることは難しい。
しかしやりがいに満ちている。

冒頭の問いに戻る。
自分勝手と自律の本質的な違い。
どちらも自分のルールに従って生きているが、前者のルールには「他者」が含まれていない。
f:id:papa-atama:20210502205546p:plain

共通の土台に立つために

以前ブログにこんな記事を書いたことがある。

papa-atama.hatenablog.com

経緯は省くとして、ここで私は、パパママといった性別に囚われることなく、まずは育児者として共通の土台に立つことが大切ではないかと考えた。
しかし一方で、パパママといった性別の違いを前提にして関わることが重要になる局面もあるかもしれない。
矛盾していると思われるかもしれないが、少し整理したい。
「育児者として共通の土台にたつ」ために「性別の違いを前提に関わること」もまた必要ではないかと思うのだ。

上記の記事に照らして考えてみる。
育児関係の場においては、客観的事実としてその男女比に著しい差がある。
以前の記事ではそこは掘り下げず、まずは育児者同士の助け合いが大切だと訴えた。
性別は関係なく、単純に困っている人がいたら助けよう、それが子供にとっての利益にもなると。
しかし今回はあえてこの差に着目してみたいと思う。
私はこうした差はもっと縮まるべきだと考えているが、縮まること自体が解決なのだとは考えていない。
私は育児講習の場において、パパが少数である状況を前に、ママたちはきっと同性同士で話がしたいだろう、異性が加わることには抵抗感があるかもしれないと感じた。
しかし例えば仮に参加しているパパママの数が調度同じだったとして、同性同士のグループで話し合うのが良いのだろうか?
その方が摩擦は少なく済むのかもしれない。
しかしそれは決して望ましいことではないと思う。
精神的な、または社会的な男女のくくりは脇に置いておくとして、少なくとも我々には身体的な男女の違いがある。
これは容易には埋めがたいものであり、そこから視点や感覚に違いが生じることもまた自然なことだろう。
育児者として共通の土台に立つためには、男女の相互理解は欠かせない。
違いに由来する摩擦は避けるべきものでなく、むしろ向き合うべきものである。
男女間の比率に関係なく、異性同士が関わりを持つことが大切だと感じる。
例えば子宮を持つ者の苦しみや喜びは、それを持たない者にとっては想像だけでは補えない部分がある、言葉が必要だ。
そういう意味で、これを避けようとした私の態度は問題であり、育児者として未熟であったのだ。

しかしながら、多くの育児者が感じている通り、思想価値観立場の異なる者同士が交わり合うのは容易なことではない。
摩擦を乗り越えた先により納得のいく結論があるのだとわかっていても、なかなか向き合いきれないこともあるだろう。
非常にコストのかかる行為だからである。
逆に言うと、このコストを減らせれば、より良い育児ができるかもしれない。
距離を置いた方が良いケースもあるのだろうが、それでもやはり育児には、暖かく前向きになれるようなエネルギーが必要だ。
ネガティブな側面を指摘することがあったとしても、そこからポジティブなものが引き出せるように。
何も小難しいことではない、日常の中にある当たり前の喜びを切り出し、言語化し、読む人が再発見できるような…そんな漫画を描いていきたい。

f:id:papa-atama:20210319213527p:plain

f:id:papa-atama:20210319213612p:plain

f:id:papa-atama:20210319213943p:plain

f:id:papa-atama:20210319214003p:plain

f:id:papa-atama:20210319214118p:plain

f:id:papa-atama:20210319214144p:plain

喧嘩をしている2人の上を、流れ星が走る
2人はそれを目の端にとらえ、夜空を見上げてその美しさに見惚れる。
2人が互いを理解しきることはついぞないのかもしれない。
しかし繋ぎとめるものは確かにある。

ここでいう流れ星のような漫画を描きたいのだ!

ににととと

早いもので、ととが産まれて1年がたつ。

兄弟でも、性格には随分違いのある2人。

少し比較をしてみたいと思う。

 

f:id:papa-atama:20201220225944p:plain

 

f:id:papa-atama:20201220230008p:plain

 

ににがいつもまったりなのに対し、ととは表情がころころ変わる。

天真爛漫、元気いっぱいといった様子が心底可愛い。

ととが先に生まれていたら、ににの穏やかさは逆に心配になっていたかもしれない。

 

f:id:papa-atama:20201220230232p:plain

 

f:id:papa-atama:20201220230251p:plain

 

にには優しい男だが、自分の世界があるので、案外いつでも構ってくれるわけじゃなかったりする。

その点ととは甘えん坊ですぐに寄ってくる。

 

f:id:papa-atama:20201220230623p:plain

 

f:id:papa-atama:20201220230641p:plain

 

にには一時期は痛覚を疑ったくらい泣かない。

痛みもそうだが、嫌なことがあったりしてもほぼ泣かないので、何か我慢してないか時々心配になる。

逆にそんなににが泣く時はよっぽどである。

ににが誤ってととをどついてしまい、ととが転倒して泣いてしまった時は、それを悔いてとと以上に泣いていた。

 

f:id:papa-atama:20201220231042p:plain

 

f:id:papa-atama:20201220231102p:plain

 

ととは天真爛漫なくせに警戒心が強い。

でもちょっと親切にしてもらうとあっさりなつく。

ちょろい。

 

f:id:papa-atama:20201220231203p:plain

 

f:id:papa-atama:20201220231223p:plain

 

ととは何かとエネルギッシュ。

寝てる妻の首に手をかけて無理やり顔を傾けさせ、チューとしたりする。

あまりスマートには出来ないようで、妻の顔がよだれだらけになる。

 

f:id:papa-atama:20201220231414p:plain

 

何はともあれおめでたい!

しかしここまでととが育ったのも

 

f:id:papa-atama:20201220231524p:plain

 

他でもない君がいてくれたから!

 

f:id:papa-atama:20201220231621p:plain

 

2人とも元気で大きくなってね!

男性が育児を通じて見た景色を、漫画として表現する際に考えたこと

定期検診や育児講習会に行く度に、感じることがある。

パパが少ない。

講習の途中で、グループワークの指示が入ると、少しだけ戸惑う。
相手に気を遣わせてしまわないか、心配になるからである。
テーマにもよるかもしれないが、ママにとっては同性同士の方が話しやすいことも多いだろう。
男性である私をグループにいれる事には、少なからず抵抗感があるかもしれない。
それでも親切なママたちに助けられ、これまで大きく不自由することなく育児をさせてもらってきた。
それは何も講習会でのグループワークに限らず、例えば公園でのお遊び会にしても、声をかけてもらい輪に入れてもらうことで、父子ともに本当に助けてもらってきた。

ある時私は、こうした経験を漫画にしたいと思い、ネームを描いた。
大まかな流れとしては以下の通りである。

①育児関係の集会はママが多くパパは少ない
②自分が男性であるために相手を困らせてしまわないか心配だったが、親切なママのおかげで助けられてきた
③育児に努めるも孤立を感じているパパは少なくないように思う、ママには気にかけてもらえたら嬉しい

このネーム、描いている時には特に何も感じなかったのだが、時間を置いて改めて読んでみた時、ふと思った。
「これは気持ち悪いな…」
気持ち悪さの原因は何だろう、しばらく考えてみて気づいた。
「親という存在を、育児する者として一元的に捉える段階を経ずして、パパとママに分けてしまっている」
読者はこの漫画を通じて、何を受け取るだろうか。
もしかしたら「パパはもっと育児参加しないとダメだよ!」と言われた気持ちになるかもしれない。
あるいは「ママはもっとパパを助けてあげないと一緒に育児できないよ!」と言われた気持ちになるかもしれない。
そこにはいずれも共通点がある。
ママパパの区別をまず前提にしてしまっている。
親としての話でなく、性別の話が強調されてしまっているのだ。
しかしこれではパパとママの距離を開いてしまうことになりかねない。
それは果たして、私が伝えたいメッセージとして妥当だろうか?
十分に考えた後、私はネームを描き直すことにした。

私は、子供にとっても親にとっても、幸せな育児を実現していきたいと願っている。
そのために私が伝えたいのは「パパがどう」とか「ママがどう」ということではない。
真に伝えたいのは、男性も女性も関係なく、もっと言えば老いも若いも関係なく、更には親であるかどうかすら関係なく、「皆で子供を育てていこう」ということである。
漫画として表現すべきは、「パパがママに助けてもらったこと」でなく、単純に「助けてもらったこと」自体、その点をこそ強調しなければならない。
グループワークで私が戸惑っているのは私の未熟のせいであって、それをパパやママといった属性のせいにするのは妥当ではない。
描き直しを経て、以下の漫画が完成した。

f:id:papa-atama:20201113231028p:plainf:id:papa-atama:20201113231104p:plainf:id:papa-atama:20201113231128p:plainf:id:papa-atama:20201113231149p:plainf:id:papa-atama:20201113231213p:plainf:id:papa-atama:20201113231239p:plain

それが適切かどうかはともかく、この漫画を描いていて気づいたことがある。
育児漫画を描く際にはおよそ使用は避けられないと思われる言葉も、場合によっては使わずとも表現できるということ。
個人を指すための言葉として使用する場合を除き、「パパ」も「ママ」も、この漫画では一度も使われていない。

2歳6ヶ月の頃

あけましておめでとうございます!

今年も漫画を読んでもらえたら嬉しいです。

過去作の整理をしようと思います。

 

f:id:papa-atama:20200107210244p:plain

 

低い姿勢でトレーニングしていると絡まれる。

昔は軽かったににも、今や10キロを超えており、その負荷は尋常じゃない!

でも筋トレが目的だからいいのか・・・?

 

 

f:id:papa-atama:20200107211122p:plain

 

2秒でつくったって感じがいいよね。

一周回って逆に信頼を感じるよ。

 

f:id:papa-atama:20200107211304p:plain

 

おかげさまで現在育休中。

ととのお世話は基本的に妻に任せつつ、ににとじっくり向き合う生活。

仕事をしていたら、こんなに子供とじっくり過ごす時間は生涯持てなかったであろうと思う。

人によって価値の置き所はそれぞれなので一概には言えないが、結婚や育児に重きを置くような人であれば取得して後悔することは少ないと思うし、取得できるような環境が作られていくことが望ましいように思う。

 

f:id:papa-atama:20200107212313p:plain

 

f:id:papa-atama:20200107212335p:plain

 

厳しく叱ってしまった夜は、たくさん子供の頭を撫でて寝かしつける。

が、心の中の自分が囁く。

「本当は自分の頭を撫でているんだろ?」

違う!と言うのであれば、明日からの自分がそれを証明するしかない。

 

f:id:papa-atama:20200107212828p:plain

 

たぶん近い将来、いやもしかしたらすでに、妻の心は息子たちにもってかれているのかもしれない。

でもいいんです。

最後は私のところに帰ってきてくれるだろうから。

・・・帰ってきてくれるように生きていかねば!

ぴじゃ

ご飯をつくるのがしんどい日。
ピザを注文してみたら・・・

f:id:papa-atama:20191218230453p:plain

すごく楽しみにする息子。
インターホンがなって、ようやく届いた。
すると・・・

f:id:papa-atama:20191218230510p:plain

なんか踊ってる。
ピザを受け取って床に置くと・・・

f:id:papa-atama:20191218230602p:plain

どんだけ嬉しいんだ。
さらに・・・

f:id:papa-atama:20191218230641p:plain

なんか吸ってる。
息子はいつも何でもないことを特別にしてくれる。

2歳5ヶ月の頃

過去作の整理をしようと思います。
まずはこちらから!

f:id:papa-atama:20191211232533p:plain

最近、数字がわかるようになってきた息子。
お風呂から出る時には10数えたがるのだが、テンションを抑えきれないのか立ちあがってしまう。
しっかり肩までつかってくれ〜!

f:id:papa-atama:20191211232555p:plain

第ニ子誕生に向けて、体力をつけるべくトレーニングを始めた!
のはいいものの、長年の陰キャ生活で完全になまりきっている体。
理想の肉体を手に入れる日はいつになることやら…

f:id:papa-atama:20191211232628p:plain

性善説性悪説、果たしてどちらが正しいのか。
実際にはどちらが正解ということはないのだと思う。
しかしその様子を見ていると、善性が宿っていると確信させられる瞬間は多い。
悪性を躾けることも必要だが、出来れば善性を伸ばすような関わり方を心がけていきたい。
それには私自身のメガネが、曇ることのないように注意する必要がある。

f:id:papa-atama:20191211232647p:plain

具体的な指示が必要だ。
物事がうまくいかなかった時には、まず自分を顧みよう。
目指すべき方向がはっきりしている時、解釈の余地が生じるような指示は向かない。
よくわかりました…!